<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
さかしまの夢
0
     
         
             
                 のユメはの中でしか見えない


           メはの中ではえない


     

     

         癒されぬ    

                               闇夜の


            狂気のを集め

     

       次々と        現る     

     


              

     

     


                 に           目     

     

     

     

             を          奪われ

     

             夜をり抜け

     

                           鏡をすり抜け

     

     

                さかしまのを見続ける





    | clubwalpurgis | Poetry | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    心の刃
    0
       


      心、揺さぶるものがあり、
      心、かき乱すものがある。

      人は、ひとりでは生きられず、
      人は、人を傷つけ、人に傷つけられる。

      予期しない出来事であっても
      予定調和かの如く、すべては起こり、
      すべてはかき乱され、あるいはすべては揺さぶられる。

      永遠というものが
      そこにあるのなら、
      すべてはかき消されるだろう


      しかし、戻らないものがある。

      Time is passing by...

      Le temps est pass...À la recherche du temps 



      | clubwalpurgis | Poetry | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      肌の闇 PART1
      0




                            



                 裸にされた電球が

                     ただ部屋を明るくするためだけに



             天井に

                        吊されて

                              いる



           デカダンス 自己破壊

             細胞分裂


                 あらゆる既知の奇異なる調べ

         

                 あらゆる光あらゆる闇

              


          肌のぬくもりを忘れた豹が僧侶の頭巾を見破る


                  飛べ ここがロドスだ     


                        ドロシーよ。嗤え。


                       いつまでも朽ちることなく、嗤え。



                 ドロシーのドレス  染みだらけの白衣



                 あるとないとにかかわらず


                いつまでも染みつく影と闇


               


            電球は    天井に

                         吊されて   


            嗤いつづける


                ドロシーのドレス  


                     そして     ロドス



               影の裏側に隠されている



                           ロドス

                          そのヴェールを剥がすと......



            砕け散る闇の波


                    すると、



                           (to be continued)

                     http://www.clubwalpurgis.com 








          



        | clubwalpurgis | Poetry | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        Noël 夜のグノシェンヌPart1
        0

           

           

          Je vous souhaite un joyeux Noë

           

          ・夜のグノシェンヌ

           

          生死の狭間を

              漕いでわたるグノシェンヌ

           

                STYX XY      XX


            蠍座の猫をやさしく抱き寄せ

          くるりと  

           回り

          三度お辞儀をしたかと思うと

          鏡をすり抜けるような仕草


                         で 

          三途の川を

              泳い

                    で 渡      る


          浮世の川を

              漂い

                    ゆ れ      る 


          鬱積した   

                  時間の渦に巻き込まれ

          すべてが永遠へと溶ける一瞬

           

          あらゆる愛と狂騒が

                 憎しみの鏡を叩き割り

           

          あらゆる色彩が   一斉に立ち上がる

           

          愛しの  夜と

          グノシェンヌ

           

          今宵も      ダリアの匂いを嗅ぎにやってくる

           

          *

          **

          ***

          *****

          *******

          ***********

          ***

          We Wish You a Merry Christmas

           

          | clubwalpurgis | Poetry | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          自由の幻想
          0
            自由とは何であるか。

            自由を感じる瞬間はあるのか。
            それは錯覚ではないのか。

            質問  のな  い答えは ない。
            現実 のな い疑 問      はな い。



            我々は自由という名の下に、すべてを手にする自由が得られたと感じる。しかし、自由とはかくも不自由なもの。自由という不確かで空虚な現実に立ち向かうためには、自らが生み出した幻想のヴェールに包まれなくては生きられない時がある。打ち砕かれた幻想と拘束された自由。;自らが開放されるために、自らを自らの手で新たな世界へ解き放たん。

            心に、炎を灯せ。
            ダンス、ダンス、デカダンス。

            彷徨う魂を震える音魂で満たせ。

            目に見えぬ鎖を解き放つために。

            | clubwalpurgis | Poetry | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            花開くつぼみの天使 PART2
            0
                 
               それは 干からびた異化の変化

                  金平糖のように

                 煮詰めた黒糖のように とろけるほど甘く

                    静かすぎる闇の中で

                        男色の前触れもなく



                        なんの音もなく

                       禁色の幕が上がる

                         時は満ちた


               しかし その天使たちには翼はない


               かつて男だった者達は

                 聖なるザクロをむさぼり喰う

               
               聖なるつぼみは永遠なる命を授けられ

               そして

                  亡者の住む館へと向かう


              聖なる怪物の下着が

               夜な夜なドクロの歯型によって菱形にくりぬかれる
               
              見るも凄惨な6人のウァンバイアの唇

               火あぶりの策略で天使をたぶらかし
               
                       朽ち果てた秘密の園を抜け出す

              | clubwalpurgis | Poetry | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
              冷たい水の中の小さな太陽
              0
                未知の彼女はぼくのいちばん好きなかたち、

                
 人間であることの悩みから

                           ぼくを解放してくれたひと、

                
 ぼくは彼女を見、
                         それから見失う、

                そして
 ぼくは

                            ぼくの


                                       苦しみを

                      

                                  甘受する、
 

                          
                           冷たい水の中の小さな太陽のように。 





                ポール・エリュアール  朝吹三吉訳
                フランソワーズ・サガン『冷たい水の中の小さな太陽』の序文より

                | clubwalpurgis | Poetry | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                花開くつぼみの天使 PART1   
                0
                  あれは

                       花開くつぼみの天使

                                 在る者は 退廃の種 と呼ぶ

                     あれは
                                男たちの描く螺旋

                    また在る者は
                             かつて男だった者達の描く幻影 と呼ぶ

                      呂律の回らぬ退廃のオペラ

                                青ヒゲの亡霊よ

                                    我と我が身を嗤え

                  聞こえてくる

                      妖艶なる禁断の調べ

                  古の夢物語


                          それは
                                  朽ち果てたドクロの妖かし

                  ダンス   ダンス   DECADENCE

                      優雅ではない
                   朽ち果てた秘密の園で


                     予期せず

                                       開演のベルが鳴る

                  | clubwalpurgis | Poetry | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  分別と分裂 Part1
                  0

                    分 裂し

                    て  ゆ   く   精 神   は

                       病ん だ

                         時   代の

                      黒  猫の

                    眼 球を 妊      む。



                    その時、現実に色彩はなくすべて黒一色の闇で満たされる。

                    不条理のタンス。

                    またはミシン台の上の2人のコウモリ。

                                 産婆の踊り子を頭からかじる。

                    食いちぎり、中から血まみれの赤ずきんがはい出してくる。



                                          現実の残骸。

                    戯言には難残の意味もない。



                    狂おしき亡国の民だけが観る暗黒の世界が私を待ち受ける。




                    AMEN

                    | clubwalpurgis | Poetry | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                    ZEUS MACHINA!
                    0
                      日々混沌とした色彩をまとい、我は放浪を続ける異端者。
                      我らは影。時代の影。

                      ZEUS MACHINA
                      我らは永遠。
                      夢ある限り、飛翔する。

                      精神は音となり、魂を揺さぶる。


                      私は果実にうちのめされた。
                      もはや見るに値する果実はない。

                      存在とは動く墓場である。
                      いにしえの孤島で、私は夢見る。




                      かつて、アントナンアルトーはこう語った。

                      私たちはまだ生まれていない。
                      私たちはまだ世界にはいない。


                      と。それは怒りと絶望の淵にいる者だけがもつ
                      鮮烈なビジョンである。



                      | clubwalpurgis | Poetry | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      PROFILE
                      ENTRY
                      CATEGORY
                      ARCHIVES
                      COMMENT
                      RECOMMEND
                      Kingdom of Welcome Addiction
                      Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
                      Iamx
                      収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
                      RECOMMEND
                      Accept Juice / Whole Loto Love
                      Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
                      Phantom Limbs
                      これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
                      RECOMMEND
                      Beloved Enemy
                      Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
                      Jesus on Extasy
                      在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
                      RECOMMEND
                      Dead Machines Revoluti
                      Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
                      Last Days of Jesus
                      Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
                      RECOMMEND
                      Dogmatic Infidel Comedown Ok
                      Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
                      Iamx
                      秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
                      RECOMMEND
                      Anima Inferna
                      Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

                      Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
                      RECOMMEND
                      Cultural Minority
                      Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
                      Uranium 235
                      You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
                      RECOMMEND
                      時の葬列
                      時の葬列 (JUGEMレビュー »)
                      オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
                      マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
                      RECOMMEND
                      FREAKS OF THE LEGEND
                      FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
                      V.A.
                      マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      OTHERS

                      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
                      この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。