<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Komm Zu MirそしてClub Walpurgis☆
0
    4月にKomm Zu Mirにご来場いただいた皆様、
    ありがとうございました。
    Punk,New Wave,Batcave,Goth,SM・・・と濃すぎるほどの夜だった。
    オーガナイザーMistress Setsura、TAIZO、そして
    Drag Queenマーガレット氏と、新鮮な顔ぶれのイベントだったと思う。
    また、Phyzofia (Jill und Taizo)もショータイムも結成後初舞台とは思えないほど見事な動きで観客を魅了していた。その舞踏的あるいは演劇的なるパフォーマンスは今後の活動が気になる。
    DJ陣も私以外にA04、千尋 、hAj、Kimura-Lなど、普段はなかなか一同に介す機会が少ない顔ぶれもまた新鮮。いわゆるゴス、ゴシックに影響されていないお客様もいたようで、私のDJタイムにはLADY GAGAをリクエストされるなど、新鮮な刺激があった。
    LADY GAGA(QUEEN のRADIO GAGAを連想させる不思議な名前をもつ、''今''のアイコンである)
    は持っていかなかったのでPing Pong BitchesやTommi StumpffのAlle Sind Tot、Sisters Of Mercyあたりをほどよく混ぜながら、ラン・ローラ・ランのOSTに収録のKomm Zu MirでDJは幕を閉じた。(個人的にはUNHEILIG のKomm Zu MirやATOMIZERをかけることができず残念であった)
    何があろうと・・・夜は更け、夜は明ける。
    場内の至る所で繰り広げられる過剰な刺激に酔い、女王様たちのふるうムチの音が漆黒の闇夜を切り裂いた夜も終わり、いよいよ、来る6月19日は渋谷・青い部屋にてClub Walpurgisの開催!
    題して''BLOOD FOR DRACULA''。
    スペシャルゲストに正式新メンバー加入後、初ライブとなる
    PADDY & NEW TOYZを迎え、刺激的な夜を皆様にお届けします。

    お見逃しなく☆☆☆☆☆☆☆

    | clubwalpurgis | Music | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

    Comment

    カーミラ | 2010/05/18 2:05 AM |
    お疲れ様 でした。

    洗練された 空間での ラグジュアリーな 一夜に 酔いしれました!

    Solmon Grandyのお二人と Lamia Sebastianさんとの4名での 初舞台の 成功 
    オメデトウ御座います! 

    一月 経ちましたが あの日のZIN様の 美声は 場に居合わせた 聴衆の記憶に
    刻まれたことでしょう!

    6月の PADDY & NEW TOYZ さん達とのセッション 楽しみに 待ち侘びます!

    闇に蠢く 怪人たちの 心揺さぶる 嘆きの唄で 血の 洗礼を受けさせてくださいませ!




    吸血鬼の変身 †

    女はそれでも、苺色の口元から、
    炭火の上の蛇のように身をくねらせつつ、
    胸を鉄製の張り骨の上で捏ね回しつつ、
    麝香の浸み込んだこんな言葉を零していた。
    ― 「私には、濡れた唇がある。古びた良心を
    寝台の奥で失わせるすべも知っている。
    あらゆる涙を、勝ち誇るこの胸の中で乾かし、
    老人たちを子どもの笑いで笑わせもしよう。
    何もまとわず裸でいる私を見た者のために、
    私は、月、太陽、空、星々の代わりにもなろう!
    親愛な賢者よ、私は非常に欲望に造詣が深いので、
    両腕のなかでおびえる男を窒息させている時や、
    上半身を噛まれるがままにしている時、
    私は臆病にして好色に、脆弱にしてたくましく、
    それゆえ、官能に恍惚となった寝床の上、
    不能の天使たちは私のために身を滅ぼしもしよう!」

    彼女が私の骨の中の全ての骨髄を吸い出し、
    物憂げに私が彼女の方を向き、
    愛の口付けを贈ろうとした時、私が見たのは
    ねとねとした脇腹をした悪臭に満ちた皮袋でしかなかった!
    私は両目を閉じて、恐怖に身を凍りつかせ、
    そして激しい光の輝きの中で再び両目を見開いた時、
    私の傍らには、血を蓄え込んで
    いるかのように思われた強靭な人形の代わりに、
    骸骨の残骸が雑然と震えており、
    それが発するのは、風見鶏の叫び声か、
    もしくは、鉄の棒の先で、冬の夜々の間、
    風に揺れる看板の叫びのようだった。

    Charles Pierre Baudelaire 
     悪の華 初版禁断詩篇より

    Kambohaha | 2010/05/18 10:17 AM |
    "La, tout n'est qu'ordre et beaute,
    luxe, calme et volupte."









    Trackback

    URL → http://blog.clubwalpurgis.com/trackback/956024
    PROFILE
    ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    RECOMMEND
    Kingdom of Welcome Addiction
    Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
    RECOMMEND
    Accept Juice / Whole Loto Love
    Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
    Phantom Limbs
    これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
    RECOMMEND
    Beloved Enemy
    Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
    Jesus on Extasy
    在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
    RECOMMEND
    Dead Machines Revoluti
    Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
    Last Days of Jesus
    Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
    RECOMMEND
    Dogmatic Infidel Comedown Ok
    Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
    RECOMMEND
    Anima Inferna
    Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

    Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
    RECOMMEND
    Cultural Minority
    Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
    Uranium 235
    You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
    RECOMMEND
    時の葬列
    時の葬列 (JUGEMレビュー »)
    オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
    マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
    RECOMMEND
    FREAKS OF THE LEGEND
    FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
    V.A.
    マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。