<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
両性具有のベルリン
0
    Gary Numanの代表曲のひとつ、それはDown In The Park。かつてMarilyn MansonはSweet DreamsのシングルCDでカバーバージョンを発表した。また、Girls Under GlassはNightmaresというアルバムでDown In The Parkをカバーしている。

    Gary Numan×Marilyn Manson×Girls Under Glassという図式は奇妙なつながりを感じる。同様に、今年になってNINとPeter Murphyのコラボレーションライブ''Nine Inch Nails versus Bauhaus''を聴いたが、これも奇妙なつながりだ。Trent Reznor×PETER MURPHYという図式は意外な組み合わせでNINの曲をPETER MURPHYが歌っているのも不思議な感じがしたが、David BowieとNINがコラボレーションしたI'm afraid of Americansという作品があることを考えるとこの組み合わせもあり得て然り(ツアー中にDavid BowieがJoel Peter Witkinの写真集をTrent Reznorに贈ったという逸話もあるようだ)。
    ちなみにJoel Peter Witkinという写真家は死体を使った写真を多く発表している。Joel Peter Witkinの写真にはあってはならない何かがつねに共存している。私は写真を見るたびに、人間とは、そして人生とは何か? ということを考えさせられる。またはかつてのアウシュヴィッツ、または戦争によるMass Murderがもたらした世紀の悲劇を思い起こさせられる。映画「地獄に堕ちた勇者ども」の舞台となった戦時中のベルリンにも同じような危機感を感じる。ベルリン。それは旧東ドイツの首都。 EINSTÜRZENDE NEUBAUTEN とBirthday Partyが出会った街だが、街を歩くとあちらこちらに点在している印がある。その印にはかつてその場所に生きながらアウシュヴィッツに収容された人たちの名前が記され、過去の惨劇を忘れてはならないという戒めとユダヤ系の人種に対する敬愛を表しているともいう。

    Wim Wendersの映画''ベルリン天使の詩"でもベルリン、またはベルリンの壁が撮影されていたが、かつてベルリンにはたぐいまれな喧噪、退廃があった。日本において退廃とは、一部の人にしか共鳴できない事柄かもしれないが、成熟を経て、時代は退廃し、そして新たに生まれ変わる。時代というものはつねにその繰り返しのような気してならない。
    国境や人種が違っても時代というものはつねに構築と破壊を繰り返すことによって生きながらえてるのだ。時代というものはつねにCollapsing New Building(つまり EINSTÜRZENDE NEUBAUTEN)という宿命を文明の発達の見返りとして内包しているのだ。

    旧東ドイツのベルリンについて考えるべきことは多く、ギュスタフ・マーラーもドイツで活動していたユダヤ人の一人だったことを考えるとドイツの奥深さにはまだまだ語るべきことが残されている気がしている(Wim WendersはPina Bauschを題材にした映画を撮っているという噂もあるが、完成が楽しみである。)。
    さて、ベルリン。私もベルリンの街を徘徊したことがあるが、特に夜になるといかがわしいネオンサインが廃墟のような街に灯される地区があり、不思議な静けさが街を覆っていた記憶がある。最近は治安は良いというものの深夜の裏通りをひとりで徘徊する時には背後に恐ろしい気配が常につきまとっていた。
    裏路地をなんどもくぐり抜けると大通りに突き当たる。時には何度も墓場に連れ戻され、大変な苦労をして家路についたこともある。

    裏路地をなんどもくぐり抜けると・・・

    このような、近づく舟を美しい歌声で沈没させることはない両性具有のローレライの亡霊が守るような奇怪な建築物が現れる。ヨーロッパでのゴシックとは、このような建築物の中に古くから息づいていたものだ。ゴシックで思い出したが、そもそもゴシックとは、何だろう。クトゥルー神話体系を創り上げたラヴクラフトや怪奇文学の祖のひとりポーなどが開拓/推進したゴシック文学の系譜があることも忘れてはならない(幻想文学というジャンルもあるが、今回は割愛する)。

    (写真はそれぞれベルリンの裏通りにて撮影) 


    話は戻るが、Nine Inch Nails versus Bauhausについては
    http://ninnewsfr.mihalis.org/bauhaus2006.phpで現在は試聴した。

    インタビューでTrent Reznorは20年も前にBauhausになんらかの影響を受けたというような事を語っていた。記憶違いかもれしないがどこかでその記事を読んだ。

    音楽は巡り巡る。
    瞳を閉じれば、舞台の幕が開く・・・
    そして、いよいよ来る5月28日はマダム・エドワルダ久々のライブ。
    気合いを入れて臨む。

    BGMはErik Satie"世紀ごとの時間と瞬間の時間(Heures Sséculaires et Instantanées)"

    | clubwalpurgis | Music | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    Comment

    Thursday | 2011/04/28 11:59 PM |
    David Bowie // Thursday's child

    Thursday's child

    All of my life Ive tried so hard
    Doing my best with what I had
    Nothing much happened all the same

    Something about me stood apart
    A whisper of hope that seemed to fail
    Maybe Im born right out of my time
    Breaking my life in two

    (throw me tomorrow, oh oh)
    Now that I really got a chance
    (throw me tomorrow, oh oh )
    Everythings falling into place
    (throw me tomorrow, oh oh)
    Seeing my past to let it go
    (throw me tomorrow, oh oh)
    Only for you I dont regret

    And I was thursdays child
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)

    Sometimes I cry my heart to sleep
    Shuffling days and lonesome nights
    Sometimes my courage fell to my feet

    Lucky old son is in my sky
    Nothing prepared me for your smile
    Lighting the darkness of my soul
    Innocence in your arms

    (throw me tomorrow, oh oh)
    Now that I really got a chance
    (throw me tomorrow, oh oh )
    Oh ho, everythings falling into place
    (throw me tomorrow, oh oh)
    Seeing my past to let it go
    (throw me tomorrow, oh oh)
    Only for you I dont regret
    And I was thursdays child

    (monday, tuesday, wednesday, born I was)
    Thursdays child
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)
    Thursdays child
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)
    (monday, tuesday, wednesday, born I was)

    サーズデイズ・チャイルド

    今までずっと精一杯生きて来た
    自分に出来るベストを尽くして
    それでも何も変わらない・・・

    僕の中で何かが孤立した
    失敗に終わった希望のささやき
    多分、僕は間違って生まれて来たんだよ
    僕の魂が2つに分裂する

    僕に明日をくれ!
    やっとチャンスを手に入れた
    僕に明日をくれ!
    すべてうまく行ってるよ
    僕に明日をくれ!
    自分の過去を手放す
    僕に明日をくれ!
    君だけの為に・・・
    僕は後悔しないさ!
    木曜日生まれだってコトを・・・

    月曜、火曜、水曜、そして僕が生まれた
    月曜、火曜、水曜、そして僕が生まれた

    胸が張り裂けるほど泣いて眠りにつくコトもある・・・
    ごかましの日々、孤独な夜
    勇気を全て失ってしまうコトもある

    幸運の光をもたらす太陽が僕の空にある
    眩しい君の笑顔が輝いてる☆
    僕のココロの暗闇を照らし出してくれる
    君の腕の中で感じるピュアな気持ちさ!

    僕に明日をくれ!
    必ずやり通してみせるさ
    僕に明日をくれ!
    すべてうまく行ってるよ
    僕に明日をくれ!
    自分の過去を手放す
    僕に明日をくれ!
    君だけの為に・・・
    僕は後悔しないさ!
    木曜日生まれだってコトを・・・

    月曜、火曜、水曜、そして僕が生ま









    Trackback

    URL → http://blog.clubwalpurgis.com/trackback/993674
    PROFILE
    ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    RECOMMEND
    Kingdom of Welcome Addiction
    Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
    RECOMMEND
    Accept Juice / Whole Loto Love
    Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
    Phantom Limbs
    これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
    RECOMMEND
    Beloved Enemy
    Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
    Jesus on Extasy
    在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
    RECOMMEND
    Dead Machines Revoluti
    Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
    Last Days of Jesus
    Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
    RECOMMEND
    Dogmatic Infidel Comedown Ok
    Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
    RECOMMEND
    Anima Inferna
    Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

    Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
    RECOMMEND
    Cultural Minority
    Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
    Uranium 235
    You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
    RECOMMEND
    時の葬列
    時の葬列 (JUGEMレビュー »)
    オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
    マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
    RECOMMEND
    FREAKS OF THE LEGEND
    FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
    V.A.
    マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。