<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Nothing Can Stop Us
0

     


    世界は揺らいでいる。


    否、世界は揺らいではいない。


    病んだ世界は揺らぐと思うか?


     世界はまだ此処にはない...........。


    まるで、禅問答である。永遠に続く。


    まるで、夏目漱石の『夢十夜』。第二夜に「無」の一字を思いつめて煩悶する侍が出てくるが、我々が悟りに至るためには修行が足りない。浮き世の出来事に一喜一憂していては、悟りの道にはほど遠い。ましてや“悟り”には知的な解釈や思想的な説明は邪魔になる。現代人には到底、難しい。“悟り”など、もはや必要ではないのかもしれない。


    禅には無(悟り)が。善には悪(煩悩)がつきまとう。今日の続きはいつ来るのか。いつ来るにしても一日の終わりに思うのは、明日からの幸せ、希望であってほしいものである。私はしばし、浮き世ばなれをして、瞑想にふける。瞑想の中に、自らが与えられた運命、使命を感じる。


    ジャンコクトーはかつて、こう語った。

    「世界が混乱しているように見えるのは、見ている方が混乱しているに過ぎない」と。ここ数日、Robert WyattのNothing Can Stop Usの「At last I am free」を聴いていた。歌詞は何を歌っているのか。


    At last I am free

    I can hardly see in front of me

    I can hardly see in front of me

     

    And now love please listen

    To what I say

    I can't go on living life this way

    I've tried and I've tried

    To make you see

    You call this love

    All this lying, my friend, it just can't be

     

    At last I am free

    I can hardly see in front of me

    I can hardly see in front of me

     

    And now love, please hold me

    Come closer, my dear

    It feels so good, just having you near

    But who am I fooling

    When I know it's not real?

    I can't hide

    All this hurt and pain inside I feel...........

     

     17の頃、深夜のラジオをよく聴いていた。その頃に出会った車椅子の吟遊詩人、ロバートワイアット。その2曲目のAt last I am freeはラジオで聴いてある種の衝撃を受けた。なぜ衝撃を受けたのかはわからない。当時聴いていたCabaret VoltaireのVoice Of AmericaのObsessionの怖さとは異質のものである。

     

    ロバートワイアットのその曲は、優しいメロディでありながら、鬼気迫る恐ろしさを感じる。それ故、ここ数十年、あえて聴いていなかった。ふと気になり、レコードを探し出し、針を落としてみた。やはり、怖い曲だ。収録のStrange Fruitも怖い。怖いというより、切ない。これはBilly Holidayの曲だが、絶望的な暗さ、切なさである。それ故に惹かれるのかもしれない。

     

    さて、At last I am free。

    理由はさておき、惹かれる。

    聴けば聴くほど、切ない。

     

    世界の果てで、聴きたい曲のひとつである。

    癒しなどという生やさしいものではなく、人間の魂の奥底から発せられる鬼気迫る感情がこのやさしいメロディに隠されていると、当時感じた。それは今聴いても、変わらない。

     

    感情は、メロディを産み、メロディを通じて人から人へ伝染していく。

     

    恐ろしくも、美しい。儚くも、美しい。

     

    それが音楽である。

     

    BGMはDivine MuzaK "La Femme Inègale"

     

     

    | clubwalpurgis | Music | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

    Comment

    K | 2011/04/15 3:56 PM |
    アト・ラスト・アイ・アム・フリー
    歌詞: Bernard Edwards/Nile Rodgers


    とうとうわたしは自由になった
    眼の前がぼやけてほとんど見えない
    眼の前がぼやけてほとんど見えない

    愛する人よ、わたしの言うことを聴いておくれ
    こんなふうに生きていくことはできない
    努力したし、あなたにわかってもらおうという努力もした
    あなたはこれを愛と呼ぶけれど
    それは嘘なのだろう、そうでしかあり得ない

    とうとうわたしは自由になった
    眼の前がぼやけてほとんど見えない
    眼の前がぼやけてほとんど見えない

    愛する人よ、抱きしめて
    こっちに来て
    あなたのそばにいるだけで
    とてもいい気分だ
    だけどわたしは誰を欺いているんだろうか
    本物ではないとわかっているのに
    自分のなかで感じている心の傷や痛みは隠すことができてはいても

    とうとうわたしは自由になった
    眼の前がぼやけて何も見えない
    眼の前がぼやけて何も見えない






    t | 2011/06/25 1:32 AM |
    ゆれるわたしは“世界”におり
    イナズマにうちすえられ
    天地に動かぬとき
    ワタクシは“ココ”にいる









    Trackback

    URL → http://blog.clubwalpurgis.com/trackback/993687
    PROFILE
    ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    RECOMMEND
    Kingdom of Welcome Addiction
    Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
    RECOMMEND
    Accept Juice / Whole Loto Love
    Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
    Phantom Limbs
    これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
    RECOMMEND
    Beloved Enemy
    Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
    Jesus on Extasy
    在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
    RECOMMEND
    Dead Machines Revoluti
    Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
    Last Days of Jesus
    Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
    RECOMMEND
    Dogmatic Infidel Comedown Ok
    Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
    RECOMMEND
    Anima Inferna
    Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

    Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
    RECOMMEND
    Cultural Minority
    Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
    Uranium 235
    You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
    RECOMMEND
    時の葬列
    時の葬列 (JUGEMレビュー »)
    オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
    マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
    RECOMMEND
    FREAKS OF THE LEGEND
    FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
    V.A.
    マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。