<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
意思ある限り、道ありき
0

    CLUB WALPURGIS
    〜La NUIT DE Paranoïa〜
    にご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。


    80年代にポストモダン現象が起こり、昨今はポストパンク、またはポストロック現象が起こっています。そうした中、未だアンダーグラウンドな愉しみを持続させるCLUB WALPURGISは、それ故にまだまだ足りない部分もあるはずです。6月、9月、12月と、年内あと3回の開催となりますが、真の意味でVELVETでUNDERGROUNDなシーンを担うイベントの中でも特異な位置にあるCLUB WALPURGISに、さらに磨きをかけ、さらに拡げていきたいと思っています。

     



    ZIN SOLO PROJECTでは、ギターにYUKINO(ROMEO MIRROR/AUTO-MOD)を迎え展開しました。
    今回はプロデュースに宙也、ギターにKIYOSHIを迎えて創り上げたNervers(VA Compilation CD SATORI "Tribute to BAUHAUS"に収録)の再現を始め、JIM MORRISONのカバーなど、長年温めている大きなテーマの片鱗をお見せすることができたかと思います。
    振り返れば、ソロで活動していた時期はとても短く、96年にSUICIDE LOVERリリース後の数年間。鬼才Screaming Mad GeorgeやMr.N率いる六本木にあった異境のカフェ"PARANOIA CAFE"の周辺で巻き起こったムーブメントによって復活し、当時はギターにKIYOSHI(MADBEAVERSで活躍中)をはじめ、時にはAUTO-MODのHAMA等を迎えてVELFARREでライブをしていた頃以来。YUKINOのセンスは独特で、KEVINのセンスの良さとはまた違った魅力があり、彩りのあるステージができたかと思う。それでも、まだこれでは物足りない部分もあるはず。

    それは今後の私達の作り出す音とステージで応えていきたいと思っています。
    自らも、いまだ創作したいものは無限にあります。

    今回のCLUB WALPURGISは、DJ陣にはZinny Aerodinamica、TAIZO、nAo12xuという3布陣でお届けしましたが、もっと時間があればまだまだフロアで流したい、紹介したい曲やアーティストがたくさんありました。

    THETHEKUROのライブ、TAIZOの舞踏も、今の東京で本当に輝いている瞬間を繰り広げました。アーティストの作品はその時、その瞬間にしか再現されないものも多いので、本当の意味での感動はその瞬間にしかないものも多いはず。
    美術展に行くのと同様に、ライブやクラブで再現されるその瞬間をお見逃しなく。

    自らの内面が作りだす精神性が、作品として定着していく。
    というのは、いつの時代でも変わりません。

    これからもUnderground Cultureを創造するCLUB WALPURGISは、どんな形になろうとも続けていきたいと思います。

    POP GROUPの曲タイトルではありませんが、意思ある限り、道ありき。だと思うのです。

    次回CLUB WALPURGISははJune.8 土曜に開催。6月も才気溢れるアーティストを迎えて開催します。

    ご期待ください。






    | clubwalpurgis | Music | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    Comment










    Trackback

    URL → http://blog.clubwalpurgis.com/trackback/993784
    PROFILE
    ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    RECOMMEND
    Kingdom of Welcome Addiction
    Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
    RECOMMEND
    Accept Juice / Whole Loto Love
    Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
    Phantom Limbs
    これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
    RECOMMEND
    Beloved Enemy
    Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
    Jesus on Extasy
    在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
    RECOMMEND
    Dead Machines Revoluti
    Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
    Last Days of Jesus
    Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
    RECOMMEND
    Dogmatic Infidel Comedown Ok
    Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
    RECOMMEND
    Anima Inferna
    Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

    Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
    RECOMMEND
    Cultural Minority
    Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
    Uranium 235
    You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
    RECOMMEND
    時の葬列
    時の葬列 (JUGEMレビュー »)
    オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
    マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
    RECOMMEND
    FREAKS OF THE LEGEND
    FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
    V.A.
    マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。