<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
6/14 Club Walpurgis終了
0

    6/14 Club Walpurgis 終了しました。
    ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

     
    TAIZOの舞踏はきらびやかなノイズを纏い舞っていて、フロアを深紅に染め上げていた。毎回趣向を凝らしたステージが素晴らしい。そして今回はキュートでダークな曲とステージングが魅力的なREMNANTとMADAME EDWARDAのタイバンでしたが、お愉しみいただけたでしょうか。今回もゲストDJとして参加した13thMoonのnAo12xu。選曲も新旧とりまぜたPost Punkな曲でフロアを湧かせていました。さらに名古屋から流星のごとく飛び出したZONO PANSYもキュートな異彩を放っていた。昨日、ふと感じたのは、アレルギーのU子の若き日の姿を彷彿とさせたことだ。これからが楽しみである。

    今回、MADAME EDWARDAはギターにSnaky-Snakyを迎え、またしてもじわじわと変化を続けているその過程を披露できたと思いますが、まだまだ変化の途中にあります。これからの展開にもご注目ください。

    蛇足ですが、MADAME EDWARDAの1stアルバム「ヒステリックな侯爵婦人」、いよいよ今年2014年6/25にCD発売となります。まだまだ知られていなかった幻のような曲が詰まった音の玉手箱として創り上げたMADAME EDWARDAの1stアルバム「ヒステリックな侯爵婦人」、ぜひCDで聴いてみてください。マスタリングをし直しているので、レコードよりも音圧が高い曲、音が粒立っている曲。新たな発見がありそうです。

    昨今、SHM-CDやハイレゾ音源など、さまざまな手段で高音質やお手軽を追求している音楽業界ですが、これからの時代、CDやデータ配信でもLPと聴きくらべても遜色のない、またはLPを越えた、あなどれない音を再現していくことになるのだろう。MDがあっという間に衰退してしまったのも記憶に新しいが、私は未だにDATでに録音した蓄音機のJAZZの名盤を聴いたりする。チリチリとレコードノイズの入った音を聞くのもこれはこれで心地良いものなのだ。X-Mal Deutshlandなどはレコードでしか聴けないものもあるし、蓄音機でしか再生できない音源もまだまだあるのだ。その感覚は昔、中野クラシックに通っていた頃から何も変わっていない。そうしたものも愛おしいと思う。これからの音楽を取り巻く環境はどう変化していくのだろうか。とても興味深い。

    話がそれたが、MADAME EDWARDAのCD第一弾「ヒステリックな侯爵婦人」はライブ会場やOfficial Websiteでも販売しています。ご興味のある方はぜひ。MADAME EDWARDA http://madameedwarda.com

     
    さて、CLUB WALPURGIS
    次回のCLUB WALPURGISは9/20(第3土曜深夜〜)に開催。日本のポストパンクシーンの中の「ゴス」または「ゴシック」的な潮流だけではなく、CLUB WALPURGIS立ち上げの時から変わらないのは「今までにはない何か」をクリエイトしていくこと。音楽をとりまく楽しみ方をまだまだ切りひらいていきたいと思っています。

    CLUB WALPURGISはじっくりと熟成します。

    MADAME EDWARDAもじっくりと熟成します。

    まだまだ挑戦を続けていきます。


     
    JUGEMテーマ:音楽

    | clubwalpurgis | Club | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    Comment










    Trackback

    URL → http://blog.clubwalpurgis.com/trackback/993872
    PROFILE
    ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    RECOMMEND
    Kingdom of Welcome Addiction
    Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
    RECOMMEND
    Accept Juice / Whole Loto Love
    Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
    Phantom Limbs
    これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
    RECOMMEND
    Beloved Enemy
    Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
    Jesus on Extasy
    在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
    RECOMMEND
    Dead Machines Revoluti
    Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
    Last Days of Jesus
    Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
    RECOMMEND
    Dogmatic Infidel Comedown Ok
    Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
    Iamx
    秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
    RECOMMEND
    Anima Inferna
    Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

    Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
    RECOMMEND
    Cultural Minority
    Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
    Uranium 235
    You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
    RECOMMEND
    時の葬列
    時の葬列 (JUGEMレビュー »)
    オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
    マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
    RECOMMEND
    FREAKS OF THE LEGEND
    FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
    V.A.
    マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。