<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
呪術音楽またはWALPURGIS 9/15
0
     

    9/15CLUB WALPURGIS PROPAGANDAに

    起こしいただいた皆様

    ありがとうございました。

    大阪からCLUB WALPURGISへ舞い降りたSadie率いるSPEECIESはCHARGEEEEEE...やビリヲ、KAZZ Missileとツワモノ達がバックを固めたCYBER PUNK。サイバーなパンク。それだけではない。その中に何かそうではない得体の知れないものが混じっているような気がした。


    それが何なのかはいずれわかるのだろう。果てしなく進化を続けるのが“種の起源”としてのSPEECIESなのかもしれない。


    MADAME EDWARDAについては、今回は次回に向けてのプロローグ的な演奏になった。

    まだまだやりたい事は尽きない。磨き続けることにしか興味が無い。


    DJに関してオープニングを飾るSato.Mの最近の選曲は相変わらずシブイ。

    さりげなくプログレやROXY MUSIC、ALICE COOPER、70'sのGLITTER POPSを混ぜるのはただ者ではない。

    TAIZOも毎回変化をつけた選曲でフロアを沸かせている。今回の選曲はわりとキャッチーだったような気がする。舞踏でも今回も意外な衣装と音楽を駆使して独特の世界を作り上げていていた。

    また、ゲストDJのnAo12xuの選曲も良かった。今回は王道をあえて外し、最近のELECTROPUNKを中心にデスロックまで狭いながらツボを押さえた選曲だったように思う。ちなみに今回nAo12xuがラストにかけたのはたしかオーストリア/ウィーンのバンドStrange Dolls CultのPuppets Dance? イントロのベースとフロアタムのアンサンブルはSKELTAL FAMILYのようでありながらキンキンしたスネアドラム3発が鳴った後はDEATH ROCKの嵐。どこかSIEKIERAのjuż bliskoに似ている。SIEKIERAのjuż bliskoはどこかKILLING JOKEのWAR DANCE(7インチバージョン)に似ている。

    KILLING JOKEのWAR DANCEを聴くとGANG OF FOURが聴きたくなり。そういう連鎖で次々に曲を繰り返し聞いてしまう。作り手が意図するしないに関わらず、音楽は繰り返し、繰り返す。


    今日はChants Of MaldororのEvery Mask Tells The Truthを聞いていた。Baptism (...Until The Angel...) が心地良い。彼らはROZZを思わせる死の語りはもちろん、Christian DeathやCureを思わせる歌い方もに特徴があるが、中でもWe Stand Aloneという曲はNew Waveな一曲だったと気づいた。そういえば、Covenant にもWe Stand Aloneという同名曲があるが曲調はまるで違う。こういう部分を発見して聞き比べたりするのも私の音楽の楽しみ方のひとつだ。




    今週のおすすめは先日リリースされたばかりの

    呪術音楽の極み、Dead Can Dance “Anastasis”

    中でも特におすすめはOpium。

    http://youtu.be/zReWPjreJzI

    先日デジパック版を購入して以来、毎日のように聴いている。

    朽ちたひまわりの紙ジャケットというのが良い。

    ちなみに中ジャケに歌詞カードはなく、かわりに哲学的な?言葉が書かれている。

    その言葉の中に曲名が埋もれている。


    死人のように立ち尽くすひまわりに美意識を感じる感性を愛してやまない。




    次回CLUB WALPURGISは12/8の第二土曜に開催★

    年内最後のCLUB WALPURGIS PROPAGANDAにご期待ください。


    BGMはMassive Attack“Teardrop” 
    Deleriumやオフラハザあたりのアラビック/エスニック
    ファンにもお薦め。Elizabethの声も良い。



    | clubwalpurgis | Club | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ペイ*デ*フェ2周年PARTYにZinny Aerodinamica参加
    0
       妖精りむちゃんのキッチュでドリーミーなブランド「ペイ*デ*フェ」2周年PARTYが8/26に六本木bulletsで行われます。Zinny AerodinamicaもDJで参加します。キッチュでドリーミーなだけではなく、シュールで摩訶不思議な選曲でフロアを包みたいと目論んでいます。ペイ*デ*フェの服に身を包んで、六本木bulletsの絨毯マジックに包み込まれ、妖精の世界に迷い込んでみませんか?

      詳細は http://pays-des-fees.com/

      | clubwalpurgis | Club | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      6.9Club WALPURGIS回想
      0
        6月9日、Club WALPURGISにご来場いただいた皆様、ありがとうございました。 
         新進気鋭のアーティストたちを迎えてお届けする
PROPAGANDAの第三夜となった6月は、第一夜からのYOUNG PARISIAN、Jet Pepper Tower、myzk (a store robot)に引き続き、†HE BL△CKD◉†Sが出演。また、nAo12xu (†13th Moon† / Tokyo Decay)のDJ/選曲も合わせて、ポストパンク〜DEATH ROCK/ELECTROな一夜となりました。そしてTAIZOの深夜の舞踏、いつにも増してグリッターな踊りでフロアをグリッターに魅了していました。


        MADAME EDWARDAは数十年ぶりにあの変拍子の曲INTRODUCTIONを演奏し、新たな展開への兆しをつかんだような気がしています。 MADAME EDWARDAは、今、また変貌を遂げようとしています。また。Club WALPURGISはNEROを迎えて2005年に青い部屋にて再開して以来、早いもので、2012年9月で7周年を迎えます。  詳細は随時公開していたますので、お見逃し無く。

        Back To The 80's Zinny Aerodinamica PLAY LIST
        0
           
          なかなか一堂に会すことのないDJが揃った80'S イベント。個性的なDJが集まっただけあって、大盛況の一夜。お客さんもコアな人達揃いの濃密な空間だった。
          Zinny Aerodinamicaの今回の選曲は踊れる80'S中心でアナログレコードを中心に、重くなりすぎない、かつ耳慣れたゴシックをほぼ排除した選曲を目指した。1984年当時のCLUB WALPURGISは土日に開催しており、日曜は基本ダンスミュージック中心の選曲。その頃の選曲をイメージしつつ、恐らく他ではかからない、また、日本ではじめてかかるかもしれないレアLPなどレアLP/EP音源も織り交ぜ、CLUB WALPURGISではかけない80'S中心レア曲も交えてスピン。開催当日ターンテーブル一台が不調という情報があったため急遽レコードからCD-Rに録音し直した音源を中心の選曲となったのが残念。 今回のレア曲はAnna Dobiey – Asche zu Asche位ですが、かけきれないあの曲、レア曲がまだまだありました。聴き足りないという方も沢山いたはずですが、またの機会にご期待ください。
          ご来場いただいた皆様ありがとうございました。



          PLAYLIST

          5/5開催★Back to the 80's★
          0
             
            御礼 次回マダムLIVEは3月31日池袋CHOP
            0
              3/17Club WALPURGIS終了
              0
                 


                3/17Club WALPURGIS "PROPAGANDA"にお越しいただいた皆様、ご来場ありがとうございました。
                多くのイベントが開催される中、たくさんの人で賑わい、とても充実した時間を過ごすことができた。まずマダム・エドワルダ。3/31に行われるCHOPでのライブを控え、その前編となるような編成で一気にライブを終えた。次の3/31に向けて気合いを貯めている。次回ライブにもご期待ください。
                そして、DJ。今回はDJ myzkを迎え、ツボをおさえた新鮮な選曲でフロアを盛り上げてくれていた。記憶で語るとDepeche ModeのRemixなど、普段のClub WALPURGISではかけない流れで新鮮だった(Depeche Modeは名曲が多い)。
                そしてJet Pepper Tower。京都の新進気鋭集団のステージ/音はインパクトがあった。時にあのキャプテンビーフハートやTom Waits/マーク・リボーを思わせるギターの入れ方/フレーズ、マーチンの海賊風アクション、力強いリズム隊、そしてバーレスク嬢と見所/聞き所満載のステージだったと思う。
                また、TAIZOの舞踏はいつにも増して個性的な曲をバックにフロアを縦横無尽に舞っていた。
                今回はそれぞれのDJに多くの時間があり、選曲にも幅がでたような気がしている。Zinny Aerodinamicaの選曲は、久々にMALARIA!〜KMFDM[Liaisons Dangereusesのカバー/Los Niños Del Parque]というジャーマンな流れからスタート。かけたい曲は数多いものの、時間切れですべてはかけきれないまま終了。近々開催のMidnght Mess VAMPIRE GADEN[3/24新宿キリストンカフェ]やペイデフェのファッションショー[3/25渋谷トランプルーム]でDJで新たな試みを試したいと思う。
                次回Club WALPURGISは6/9に開催です。
                お楽しみに。

                BGMはAstor Piazzolla ''天使のミロンガ"

                Liaisons Dangereuses Los Niños Del Parque@YOUTUBE
                http://www.youtube.com/watch?v=ksuVl3sEf7s

                | clubwalpurgis | Club | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                3/17CLUB WALPURGIS開催!
                0
                   


                  いよいよ

                  3/17今夜、CLUB WALPURGIS開幕です。

                  またとない顔ぶれによる、3ヶ月に一度のゴス/ニューウェーブパーティ!!

                  ご来場、お待ちしています。

                  もしかすると飛び入りゲストもあるかも?しれません。


                  <Chapter 44>
                  Club Walpurgis Presents...
                  "PROPAGANDA vol.2"
                  〜 Light My Fire 暗黒の光明〜

                  【 DJ】Zinny Aerodinamica , Sato M. , NARIKI,TAIZO,NERO
                  【 GUEST DJ】myzk
                  【MIDNIGHT BUTOH】
                   TAIZO


                  いよいよ2012年最初のクラブ・ワルプルギス開催!
                  この夜は、昨年よりスタートしたPROPAGANDAの第2夜。
                  新進気鋭のアーティストたちを迎えてお届けする
                  PROPAGANDA。
                  その第2夜は暗黒の天使たちが登場!
                  ライブアクトには、
                  京都を代表するグリッターパンクの雄JET PWPPER TOWERが降臨!
                  さらに、性別や既存の枠組みを超える
                  TRANSFORMATIONの代名詞ZIN(Zinny)率いる
                  進化形グラマラスポストパンクバンド
                  MADAME EDWARDA も登場!
                  さらに、ゲストDJにa store roborのプロデューサーでもあるmyzkを迎えます。
                  myzkの選曲にも期待が高まる!!
                  もちろん、 毎回趣向を凝らした演出で話題のTAIZOによる
                  真夜中の舞踏もご覧いただけます。

                  今夜、3月17(土曜深夜)はクラブ・ワルプルギスへ。
                  PROPAGANDAな選曲で、Postpunk,Deathrock,Darkwave,Industrialまで、
                  1980年代のスタートから30年以上にもわたり、
                  狭く、深く、ジャンルを割り下げたコアな選曲でお届けするクラブ・ワルプルギス。
                  レジデントDJの怒号の選曲てフロアをヒートアップさせます。
                  ご期待ください。




                  | clubwalpurgis | Club | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2011年のCLUB WALPURGISは終幕
                  0


                    2011年を締めくくる2011年のCLUB WALPURGIS最終章"PROPAGANDA vol.1" 

                    〜TRANSFORMATION 両性具有の観た夢〜にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。2012年も定期的にイベントを開催します。ご期待ください。







                    この夜は皆既月食の夜。特別な夜に相応しく、東京のアンダークラウンドをグリッターな色彩で彩りました。YOUNG PARISIANはSigue Sigue SputnikやJoy Division風の曲も交えて演奏。さすが、何を演奏してもサマになる力量の深さを感じた。そして特筆したいのが、20年ぶりのAlice in bat cave。強いて言えばポジティブサイケデリックパンク。あの80年代インデーズのジル・ド・レイやLIBIDOを彷彿するライブ。そしてMADAME EDWARDAは新曲サロメを披露。ツネグラムサムを迎えたテレグラムサムも披露しました。リハーサルの時間があまりなかったにも関わらず、ツネグラムサムの存在感を見せつけてくれた。個性の異なるバンドが出す音色がフロアを震撼させた夜だった(ちなみにジル・ド・レイとは昔、池袋STUDIO200という箱で一緒にライブをしたことがある。また、その夜は土曜日で新宿富久町でCLUB WALPURGISが開催されていてライブ終了後、池袋から新宿までTAXIで移動した記憶がある)。


                    話がそれたが、ゲストDJで出演した nAo12xuによるDJではBELLE MORTEのMETRO(原曲はBerlin)やDAFなど、バラエティに富んだ選曲してくれていた。またTAIZOの舞踏。今回は舞踏の新領域を切り拓くような趣向がみられた。Brian EnoのWind In The Lonely Fencesを使うなど、神秘郷へと誘うような選曲も良かった。ちなみにWind In The Lonely Fencesは「Ambient 2: The Plateaux Of Mirror(鏡面界)」に収録されていて、私が10代の頃から数十年もの間、瞑想をする時間にかけている曲である。Brian Eno & Harold Buddが作り出す美しく、しかし、儚く、やさしい音は、まるで冥界の音楽のようで恐ろしい。あまりに優しく、美しいものは、人を恐れさせるのかもしれない。

                    Plateaux of Mirror: Ambient 2/Remastered


                    振り返れば、今年の秋10月から昨夜まで、かなりの数のイベントでDJをした。先月、11月の池袋CHOPで開催されたLechery From MarsのイベントでもDJで参加したが、全バンドのライブを最初から最後まで4時間以上見続けた。そのライブが終わったあと。ある種の絶頂感のような感覚に襲われた(Jet Pepper TowerやAlice in bat cave、Royal Cabaretなど、たくさんの知り合いが駆けつけてくれた)。


                    いいイベントは、終わったあとに言葉にできない高揚感を与えるのだろう。この池袋CHOPからさまざまな伝説が生まれていくのだろう。そんな予感がした。


                    2012年のClub WALPURGISは3/17(第3土曜)よりスタート。
                    3ヶ月に一回、定期的にイベントを開催します。ご期待ください


                    CLUB WALPURGIS 2012 Schedule

                    3/17(第3土曜)

                    6/9(第2土曜)

                    9/15(第3土 曜)

                    12/8(第2土曜)





                    JUGEMテーマ:ROCK 

                    | clubwalpurgis | Club | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    年内ラストのワルプルギス開催
                    0
                       

                      12/10(Sat)




                      PROFILE
                      ENTRY
                      CATEGORY
                      ARCHIVES
                      COMMENT
                      RECOMMEND
                      Kingdom of Welcome Addiction
                      Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
                      Iamx
                      収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
                      RECOMMEND
                      Accept Juice / Whole Loto Love
                      Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
                      Phantom Limbs
                      これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
                      RECOMMEND
                      Beloved Enemy
                      Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
                      Jesus on Extasy
                      在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
                      RECOMMEND
                      Dead Machines Revoluti
                      Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
                      Last Days of Jesus
                      Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
                      RECOMMEND
                      Dogmatic Infidel Comedown Ok
                      Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
                      Iamx
                      秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
                      RECOMMEND
                      Anima Inferna
                      Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

                      Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
                      RECOMMEND
                      Cultural Minority
                      Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
                      Uranium 235
                      You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
                      RECOMMEND
                      時の葬列
                      時の葬列 (JUGEMレビュー »)
                      オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
                      マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
                      RECOMMEND
                      FREAKS OF THE LEGEND
                      FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
                      V.A.
                      マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      OTHERS

                      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
                      この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。