<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
道玄坂事変〜初春の章〜
0
    1/16日 道玄坂事変〜初春の章〜 
    MADAME EDWARDA Liveにお越しいただいた皆様
    ありがとうございました。
    お愉しみいただけたでしょうか。

    道玄坂事変〜初春の章〜
    〜Set List〜 Madame Edwarda
     2011/1/16 LA MAMA 
    1. HAMLET
    2. Princess Reta
    3. Marionette
    4. Opéra
    5. La Nuit 
    6. The Horror CAVE!
    7. Soirée
    8. Lorelei
    9. EDWARDA

    演奏したい曲を並べてみたら
    一曲が7分、8分、10分以上というものが
    かなりあった。

    すべてをワンステージで演奏するのは至難の業である。

    短編映画が1分から20分だとすれば、
    45分で小編、2時間で普通、3時間ではやや長いと思われるらしい。
    これは映画の世界。

    とはいえ、人間の集中力は2時間もたないと仮定すると
    途中で一度テープを裏がえさなくてはならなかった
    カセットテープが愛おしく感じる。
    裏と表があるのも良い。
    レコードも裏と表がある。
    ストラングラーズの名盤Black&Whiteもレコードという
    メディアあっての曲構成だったのだろう。
    CDの時代ではBlack&Whiteの本当の良さが伝わってこないのではないか?
    かつて、音楽には裏がえす歓びがあった。
    表と裏の対決。そのせめぎ合いが名盤を形作る。

    カセットテープからMD(またはDAT)、そしてCDへと時代の主流を
    担うメディアは変遷を遂げてきたが、
    未だカセットテープに愛おしさを感じる。
    カセットテープでしか聴けない音源を聞く度に思う。

    いい音がする。張りつめたヒリヒリするような空気を感じる。

    そんな音が好きである。


    BGMはJah Wobbleの野太いベース、Animalのギター、 Jim Walkerの極度に硬いスネアの音が空気を切り裂き、脳が炸裂するような衝撃波を放つ名カセットテープの1曲目。
    Public Image Ltd.の主要メンバーによる隠れた名盤。

    BGM:THE HUMAN CONDITION Live in Eurpope 1981 ''WAVES''




    | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    MADAME EDWARDA Live☆
    0

      1/9のMidnight Mess VAMPIRE GARDENにお越しいただいた皆様、
      ありがとうございました。

      さて、いよいよ明日
      MADAME EDWARDA Live開催です。
      〈マダム・エドワルダの出演時間はトップ19時

      音と言葉、光と影と動きの相乗効果で
      何が表現できるのか。

      前衛としての退化、そして崩壊後に迫り来る蘇生。
      表現したいものはまだまだあると未だ気づかされる。

      それは
                   いわば  幕のない  一幕劇。

      一瞬にして現れては
                   消え去る
          
           濃縮された一幕劇を多くの人にご覧いただきたい思います。


      ご来場、お待ちしています。


      | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      TWIST FEST
      0
        渋谷STAR LOUNGEで行われた森岡 賢君のSOLO LIVEと渋谷Club ASIAで開催されたTWIST FESTに2日続けて行った。渋谷STAR LOUNGEでの森岡 賢のライブはBODY MUSIC直系のエレクトロから始まってバラードまで、変幻自在なパフォーマンスで客席は終始盛り上がっていた(森岡 賢君とはDER ZIBETのISSAYやYOJI INOを介して間接的に知り合いだったことが最近わかった)。この夜はゲストのThe THRILLのYUKARIEさんとも初めてお逢いした。演奏はもとよりステージアクションも巧みで観客を魅了していたが、Tango EuropeやJAGATARAでも活躍していた方で意外と近いシーンにいた方だ。JAGATARAといえば新宿のライブハウス「キモノマイハウス」でMadame EdwardaやGISM、GAUZE、COMES等とライブをしていた頃にキモノマイハウスや吉祥寺マイナーなどでも演っていたはずだ。私の中でのJAGATARAといえば狂気のパフォーマンスを繰り広げていた80年代初頭の「財団法人じゃがたら」。Madame Edwardaを結成した当時の事だが、振り返れば江戸時代の春画を使ったジャケットのシングル「LAST TANGO IN JUKU」という曲がお気に入りだった。江戸アケミゆえ江戸にこだわったのだろう(江戸といえば、Madame Edwardaの言葉の中にも江戸がある)。LAST TANGO IN PARISを想わせるタイトル曲は当時の新宿の喧噪の世界観がそこかしこに息づいている。OTO氏の打ち込みドラムも良い味を出していて、今聴いても古さを感じさせない名曲だろう。

        さて、TWIST FEST。Dope Stars Inc.とCelldwellerの初来日ということもあり出かけてきた。この夜は観客をアジテートし続けたインダストリアル系の雄''BAAL''や''東狂黒''、''GARI''など、東京のインダストリアル/サイバーパンクを牽引するバンドも出演。かなりの盛り上がりを見せた。CelldwellerはかつてCircle Of Dustというインダストリアルメタルバンドをやっていて、1990年初頭にはSkinny Puppy、MinistryやNINに加えCircle Of Dustもよく聴いていた。Celldwellerはインダストリアルメタル/エレゴス系ではあるが、ミクスチャー系のニュアンスも入っているので幅広い層に受ける音だと思う。Dope Stars Inc.は圧巻のステージ。Make A StarやVyperpunkなど、デビューアルバムNEUROMANCERからもかなりの曲を演奏していた。恐らく二度と来日しないかもれないコアなバンドだけに次回来日することがあれば楽しみである。
        さて、今週はROMEO MIRRORにMADAME EDWARDA、そして某バンドのリハがあり、いよいよ年内ラストの佳境を迎えている。ROMEO MIRROR、Madame Edwarda、そして青い部屋のフィナーレを飾るClub Walpurgisにご期待ください。

        | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ROMRO MIRROR -Meaning of Life-
        0
          ロメオ・ミラーのライブにお越しいただいた皆様、
          ご来場ありがとうございました。

          Photo by Yuri

          今回はZIN+YUKINOに加えて、SEIJIとTELLを迎えての初顔合わせライブでしたが、限られたリハーサルという制限があったにもかかわらず、
          素晴らしく完成度の高い演奏が出来たように思います。

          YUKINO、そしてSEIJI、そしてTELLに感謝。

          今、生きるという意味を改めて考えている。
          命あればこそ、自分という存在を見つめ続けることができる。
          磨きつづけたいものが在るかぎり、命は永遠に続く。


          四半世紀、半世紀、一世紀。
          歳月を超えて、我々の命は小さく、小さく、小さく燃えさかる。
          肉体は衰えても、精神は永遠なり。

          昨日、今日、そして明日へと続く歳月の流れの中で、
          つねに我が進むべき道を見いだそうとする行為こそ、美しい。


          ROMRO MIRROR
          SET LIST
          1.Deep In Colour
          2.Mad Man
          3.Innocent (Burlesque Version)
          4.Velvet Teardrops
          5.CHANGELING
          6.LADY DAY
          7.WITCHCRAFT 〜愛の嵐〜
          8.Deep In Colour (outro)


          Zinny Aerodinamica
          DJ SET LIST1
          Devil Doll - Free For All (From ''The Girl Who Was...Death'')
          Miguel & The Living Dead - Batcave
          Phantom Vision - Total Eclipse
          Zombie Girl - Halloween
          Voodoo Church - Darkness My Love
          In Two A Circle - Rise...



          DJ SET LIST2
          Devil Doll - Part 12 - La Nuit De Chasseur(狩人の夜)- (From ''Dies Irae'')
          Killing Joke - Kings & Queens
          Scarlet Remains - Circlular Thoughts
          Siouxsie & The Banshees - Halloween
          Corpus Delicti - Broken
          Bauhaus - Lagartija Nick
          Fear Cult - Sex Beat




          BGMはRoBERT ''A Children's Tale (La Nuit Du Chasseur)''

          ROMRO MIRROR/Zin-François Angelique
          Zinny Aerodinamica/ Club Walpurgis

          | clubwalpurgis | Live | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          11/2 LOFT <DANSE OF NEU MODE NO.1>
          0
            11/2 LOFT <DANSE OF NEU MODE NO.1>
            Speeciesに誘われLOFT<DANSE OF NEU MODE NO.1>へ。Speecies はこの間CHOPで観た時よりも中低音がよく鳴り響き、かなり良いバランスだったと思う。曲に使われているシンセの音色もきらびやかなエレクトロ色が全面にでていて、Sadieがここ数年で急速に加速させたエレクトロサイバーバンク・サウンドに磨きがかかっているのがよく分かった。ベースの音も良い。Sadie,KAZZ,WHAT'S,KUNOHお疲れ☆(この日は新作CDの先行リリースもされた)。ラストの曲はNAD MIKAのカバー。気のせいか、Skeltal Familyの曲とコード進行が同じ部分があった。しかし唄の乗せ方はまるで違う。そこが面白い。Speecies が奏でるNAD MIKAに、エレクトロクラッシュのルーツの片鱗を観た気がした。パンクからポジティブパンクへ、またはニューウェーブからエレクトロへと変貌をつづけてきた音楽史の中で、エレクトロクラッシュなるシーンを形成する彼らの音楽的なルーツのひとつには、間違いなく70年代後半から80年代のオルタナティブ・ロックがある。CGGBから飛び出したBlondieに始まりDNAやLydia Lunch、James White/Chance&コントーションズ等を巻き込んだNew York/No New York周辺のムーブメントに至るアメリカの音楽シーンがあった。
            また、エレクトロクラッシュ周辺のアーティストはSisters of MercyやSoft Cell、Sigue Sigue Sputnik、Tears for Fears、Let’s Dance をリリースした頃のDavid Bowieなどをカヴァーしていたりするので面白い。ロックなるものとクラブミュージックの交わりは、Primal Screamなどのメジャーなシーンのアーティストの成功を引き合いに出すまでもなく、現在でもThe Raptureなどのバンドが似たような香りをまき散らしている。でも、本当に面白いのはインディーズ・シーンの爆発である。新しいものが生まれ出でる直前のインディーズは面白い。果てしないパワーが、そこにはある。

            ところで。Plasticsの曲も交えた演奏を披露したPlastic Sex。Plasticsを彷彿させる音もありながら、聞きやすくポップな世界観。貫禄のThat’s エンターテイメント。そして、GOATHEAD。こちらはメンバー二人というシンプルなユニット構成でありながら、必要十分な音世界。メンバーの数が少なくても素晴らしい音を作り出せる。ブランクを感じさせない実に巧みなステージを繰り広げていた。Vocalは元カリガリということでいまだその存在感は健在。音を操っていたコマ氏の貢献も大きいだろう。MONICA URANGLASSは残念ながら観れなかったが機会があれば。

            音楽は深く、広い。ゴス、ゴシック、ヴァンバイア、ホラー、退廃芸術も、グラムな妖しい閃光も好きである。これからもまだまだやってみたい事が残されていることにこの夜、気がついた。やり残した事は多い。だが、じっくりと仕上げていく。ひとつひとつの積み重ねが、やがて実を結ぶと信じて。だが、何よりも大切なのは、直感である。

            言い換えるならば、それは血液である。

            音楽は血液で出来ている。

            BGM はChicks on SpeedのKaltes,Klares Wasser. オリジナルはMALARIA!

            | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            PADDY’s HALLOWEEN @Smokin’ Boogie
            0
              2009.10.31 PADDY’s HALLOWEEN @Smokin’ Boogie。
              この夜はJOYSTAX 、PERFECTFORM、そしてPADDY & NEW TOYZという顔触れ。
              JOYSTAXはパンク全開。昔、GAUZEやGISM、EXECUTE、COMES等とJAM STIUDIOやKIMONO MY HOUSEで競演していた当時のことを思い出した。
              PERFECTFORMはキャッチーな曲で演奏力もなかなか。ギターが良い。ドラムとベースのアンサンブルも良い。古くはGang Of Four、最近ではFranz Ferdinandあたりの音を彷彿させた。PADDY & NEW TOYZは新曲が多く、今後の活動に期待を抱かせるに十分なデビューライブだったと思う。SOUSUKE、KEI、MICHIKI、お疲れ☆PADDY、Thank you.
              私が歌ったのはMADMANとJOIN THE GIRLS。いずれも性倒錯的な歌詞世界が私を酩酊させる名曲。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
              次回は11/8新宿アンチノック。こちらもお愉しみに。

              JOYSTAX 、PERFECTFORM、そしてPADDY & NEW TOYZという
              顔触れの合間を縫ってかけたハロウィン仕様のセットリストは以下の通り。

              DJ Zinny Aerodinamica SETLIST
              2009.10.31 PADDY’s HALLOWEEN @Smokin’ Boogie
              Untoten – Das Knochenhaus
              Marilyn Manson – This Is Halloween
              Birthday Party - Release The Bats
              Astrovamps - Monsters In Tinseltown
              Siouxsie & The Banshees - Halloween
              45 Graves – School’s Out
              Scary Bitches – Theme From The Munsters
              Revolting Cocks – Caliente (Dark Entries)
              Batman - Original Theme Song
              Last Days of Jesus – Connected Or Infected
              Madame Edwarda – Le Sabbat (Lunatic version-A)
              Cuddly Toys – Brain Savior
              T.Rex – Children of The Revoluyion
              Sweet – Teenage Rampage
              Rob Zombie - Halloween (She Get So Mean) [Feat. Ghastly Ones]
              Scary Bitches – Lesbian Vampire From Outerspace
              Danny Elfman – Halloween
              45 Graves – Riboflavin

              - JOYSTAX-

              Lord Vampyre – ..Now..Sleep..
              Last Days of Jesus – Zombie Haut-Couture/Everyday is Halloween
              Siouxsie & The Banshees – Spellbound
              Sparks – This Town Ain't Big Enough for Both of Us
              Bat Attack - Tiki Tiki Tarantula

              - PERFECTFORM -

              Sweet – Megamix!!!!!
              T.Rex – Solid Gold Easy Action
              Miguel And The Living Dead – Graveyard Love Song
              Marilyn Manson – This Is Halloween(Excerpt)

              - PADDY & NEW TOYZ -

              Untoten – Kindertotenlied〜Les Enfants Terribles
              Dead or Alive – That’s The Way
              Bronski Beat feat. Marc Almond – I Feel Love
              Roxy Music – Love is The Drug
              Siouxsie & The Banshees – Israel
              Flesh For Lulu – Subterraneans(Metro Mix)
              T.Rex – Metal Guru〜Groover
              Japan – The Unconventional(奇しい絆)
              Cuddly Toys – Join The Girls
              David Bowie – Cracked Actor
              Bauhaus – Ziggy Stardust


              p.s./Thanxxx for Birthday Present.

              | clubwalpurgis | Live | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
              Tribute to MADAME EDWARDA
              0
                いよいよ今週末はTribute to MADAME EDWARDAの開催です。
                あれから20年以上もの歳月を重ねてきたというのに、
                リハーサルではすらすらと歌詞が出てくる。
                若い頃に行ってきた数々のステージでの楽曲のすべては
                そのままの形で身体の芯の中で眠っていたかのようだ。
                解散後、長らく演奏されなかった名曲をセルフカバーするというものではなく、
                それは、むしろ失われたものへの揺さぶりでありたいと思う。

                時代を超えて、一夜限りのライブとなるか、
                ふたたびマダムエドワルダの目覚めにつながるのか。
                大いなるさかしまと混沌。

                素晴らしいステージを披露したいという思いは、
                今も、昔も変わりない。
                表現者として何が出来るのか。
                その問いのこたえは迷妄・迷妄・迷妄・迷妄・迷妄・迷妄・
                迷妄・迷妄・・・・・・・・キラメク闇の彼方にある。

                Zin-F.A./Zinny Aerodinamica

                | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                火星の大阪市から舞い降りたSpeecies
                0
                  火星の大阪市からはるばる舞い降りたSpeecies と東京のあだ花 ZEUS MACHINAのダブルライブ。Sadie 率いるSpeeciesを迎えてのClub Walpurgis 。素晴らしい一夜を会場にいた全員で分かち合えた一夜だったと思う。
                  Sadie,Kunoh,Wattsが繰り広げるサイケデリックかつパワフルなエネルギーをありがとう☆そしてJet Pepper Tower、マーチン氏の活躍にも期待。 ripの面々、そしてLunch氏との邂逅など、東京と大阪、地球と火星との間で、いい出会いがまたありました。選曲も楽しんでいただけたでしょうか?

                  | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  Pinealは観る者を異界へと誘う
                  0
                    圧倒的な存在感のPinealのライブは、とても神秘的だった。
                    言葉では形容できない独特のオーラを感どるライブは、
                    観る者を異界へと誘うようにも思える。TAQV 氏のこれからの活動にも期待しています。

                    | clubwalpurgis | Live | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    PROFILE
                    ENTRY
                    CATEGORY
                    ARCHIVES
                    COMMENT
                    RECOMMEND
                    Kingdom of Welcome Addiction
                    Kingdom of Welcome Addiction (JUGEMレビュー »)
                    Iamx
                    収録のMy Secret Friend (Feat. Imogen Heap) のPVではChris Connerの艶やかな女装を披露している。これも現代のGLAMである。
                    RECOMMEND
                    Accept Juice / Whole Loto Love
                    Accept Juice / Whole Loto Love (JUGEMレビュー »)
                    Phantom Limbs
                    これもDeath Rock系? The Biggest SnowballはCinama Strange風。曲が面白い。Last Days of Jesusファンにもお薦め!
                    RECOMMEND
                    Beloved Enemy
                    Beloved Enemy (JUGEMレビュー »)
                    Jesus on Extasy
                    在庫があるうちに買うのが良い。Pop Electo/Gothic Industrial。Change The Worldなど、キレのあるリズムが心地良い曲揃い。
                    RECOMMEND
                    Dead Machines Revoluti
                    Dead Machines Revoluti (JUGEMレビュー »)
                    Last Days of Jesus
                    Stroblightレーベルの先鋭。Songs From The Psycho TVというアルバムも良い。Doc, Docがお気に入り。誰かいい医者を知らないか?
                    RECOMMEND
                    Dogmatic Infidel Comedown Ok
                    Dogmatic Infidel Comedown Ok (JUGEMレビュー »)
                    Iamx
                    秀逸なリミキサー陣による秀逸なIAMXREMIX!!!!!!
                    RECOMMEND
                    Anima Inferna
                    Anima Inferna (JUGEMレビュー »)

                    Dark Heacy Industrialの重鎮。Liarが特に良い。
                    RECOMMEND
                    Cultural Minority
                    Cultural Minority (JUGEMレビュー »)
                    Uranium 235
                    You Spin Me 'Round (Like a Record)のカバーが秀逸。謎多きバンド。
                    RECOMMEND
                    時の葬列
                    時の葬列 (JUGEMレビュー »)
                    オムニバス,AUTO-MOD,Sadie Sads,Madame Edwarda,G-Schmitt
                    マダム・エドワルダの曲も収録したオムニバスCD''時の葬列''。
                    RECOMMEND
                    FREAKS OF THE LEGEND
                    FREAKS OF THE LEGEND (JUGEMレビュー »)
                    V.A.
                    マダム・エドワルダのライブも収録したオムニバスDVD''FREAKS OF THE LEGEND''。
                    MOBILE
                    qrcode
                    LINK
                    OTHERS

                    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
                    この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。